2012年1月29日日曜日

納戸の収納棚を作った

家の納戸(4.5畳)が、今まで無造作に物を置いているだけだったので、収納棚を自作することにしました。納戸なので、見てくれにこだわる必要は無し、安さ優先ということで、問答無用で2x4 SPF材を使うことにします。

設計は、いつもお世話になっている2xBuilderを使いました。これは使い方も簡単、適当に材料を追加してサイズを決めてグリグリ動かすだけでそれっぽくモデリングできます。しかも木取り図まで自動で起こしてくれるので、買い出しの手間も大いに省けます。

ということで作ってみたのがこちら。棚は3段にし、幅1300mmのものを2つ作って並べることにしました。 納戸にピッタリ納めると幅2600mmぐらいになっちゃうんですが、さすがにそれだと組み立てがつらそうだったので。。

2xBuilder のモデル図

棚板は、最初コンパネをカットして載せることを考えていましたが、1x4 でスノコ状にすることにしました。近くのジョイフル本田に適当なサイズのコンパネが無かったことと、布団収納も考えていたので通気性も確保したかった、というところです。

ということで、この設計図に基づいて作った材料リストはこちら。
  • 2x4 8feet 22本 (単価358円)
  • 1x4 8feet 21本 (単価270円)
これに加えて、38mm と 75mm のコーススレッドをまとめて箱買い。木材だけの材料費はトータルで13,546円となりました。これなら充分安いと言えるでしょう。

で、これを買ってきて、自宅の庭でガシガシとカットしていきます。スライド丸ノコは、精度がかなり出しやすいのと、直角のカットをビシっとできるので非常に助かります。さらに普通の丸ノコよりは断然、安全です。結構高い買い物でしたがそれに見合う価値はあったかと。

カットされた2x4さんたち

大活躍のスライド丸ノコさん

ちなみに持っているのはこれ。近くのジョイフル本田で確か37,000ぐらいで安く買えました。もともとはウッドデッキを作るときに買ったもので、もちろん今回の収納棚のためだけに買ったわけではありません。
 

カットが終わったら、後はひたすら設計図に従ってコーススレッドをぶち込んで固定していくだけです。正直何も難しいことは無いですね。ただ道具としてはインパクトドライバーがあった方が作業が圧倒的にはかどります。

で、完成はこちら。


反対側から見たところ。


最後に、小さいアングルを買ってきて壁に固定し、耐震補強して完成~。今まで単なる空間で雑然と物を置いていたのですが、これでずいぶんとまともな収納スペースになりました。

もしエレクターなんかで作ろうとしたら軽く10万近くかかっちゃうんじゃないのかな。。我ながら DIY してよかったなと思える作品になりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿